あしたの気分は晴れ!

世の中で話題になっていることや人気がある情報を掲載しています。

ふるさと納税ワンストップ特例で簡単!申請条件



「スポンサードリンク」

ふるさと納税について
ふるさと納税についてはご存知の方も多いと思います。
全国の自治体の中から応援したい自治体を自分で選んで寄付金を送る、という制度であって納付先を選べる納税といったところです。

お礼が貰えて節税もできてしまう、うれしいですね!
直ぐにやってみたいけど、難しくないかな~と思っている方も多いのではないでしょうか。

このふるさと納税で寄附を行うと、寄付金のうち2,000円を超える部分が税金から控除されます。しかし還付金として振り込まれる額に関しては誤解をされる方もいるようです。

また確定申告については、わりと簡単にできるようです。寄附後の流れや方法については詳しく説明された記事が有りましたので、参考にしてください。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 意外と簡単!ふるさと納税をした場合の確定申告

確定申告もそれほど難しいものではないのですが、もっと楽にできる方法が有ります。

それが「ふるさと納税ワンストップ特例制度」です。

これは「確定申告」を出さなくてもいいのです。良い制度ができましたね。

ですが利用するには一定の条件があります。それがこちら↓
参照:https://www.furusato-tax.jp/kakutei_shinkoku.html


ふるさと納税ワンストップ特例」を申請できる条件
もともと「確定申告」をする必要のない給与所得者であること
給与所得者であっても年間2,000万円以上の給与の方や、給与以外の所得が20万円以上ある場合などは「確定申告」が必要です


1年間のふるさと納税の申し込み先が5自治体以下であること
6回以上ふるさと納税を行っても納税先(寄附先)が5自治体以内であれば大丈夫です


ふるさと納税以外に「確定申告」をするものがない方
「確定申告」を行う必要がない給与所得者であっても、医療費控除や住宅ローン控除などの「確定申告」を行う場合はこの制度を利用できません

ふるさと納税の手続き 申し込みから確定申告までを解説! - ふるさと納税の「ふるさとぷらす」



・ワンストップ特例制度とはどのような制度ですか?

これまでふるさと納税の寄附金控除を受けるには確定申告が必要でしたが、平成27年度から、給与所得者など確定申告が不要な方で、寄付先の自治体が5か所以内などの条件を満たす場合、確定申告なしでも寄附金控除が受けられる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が始まりました。

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|トピックス|制度改正について(2015年4月1日)



ふるさと納税の申し込みや手続き方法などの詳しい説明はこちら↓

https://furusatoplus.com/info/002/


こちらの方が初心者向けでとても分かりやすいです。
https://starmetro.info/furusato-tax/