あしたの気分は晴れ!

世の中で話題になっていることや人気がある情報を掲載しています。

藤井四段の強さにあこがれて将来プロ棋士を目指す若者たち



「スポンサードリンク」

藤井四段
これまでに無いほどの将棋ブームとなっていますが、これも藤井四段の存在が大きい。
藤井四段の快進撃が続いていますが、インタビューを受けた中で次のように語っていました。


 

「始めたのは5歳のときで、囲碁も少し打ってみたんですけど、初心者の祖母に勝てなかったんです。
将棋は祖母や祖父にすぐに勝てるようになったので、どんどんのめり込んでいったんだと思います。
将棋に対する思いはずっと変わらないです。
ずっと好きで自然にやってきた感じです。
将棋を指したくないとか、駒に触れたくないとか思ったことはないです」

――強さを育んだ詰将棋はいつ頃から?
「5歳の夏に将棋を始めて、冬には地元の子供教室で1手詰、3手詰を普通に解く感じになって……。意識的に取り組んできたことではないんです。好きだから自然に続けてきました」
(引用)藤井聡太四段インタビュー 『強くなることが僕の使命』|将棋情報局

 
根っからの将棋好きの様で、止めたいと思った事は一度もない、と語っていました。

ことわざで「好きこそものの上手、、、」というものが有りますが、先ずは好きでないと始まらない。

藤井四段の快進撃の要因はそこにありそうですね。

強さの秘密
藤井四段の強さと人気は連日の勝負の結果が物語っているわけですが、その実力はどこから来るのでしょうか。

報道によると4歳の時から将棋を始めたようですね。
最初の頃は祖父母を相手にして負けていたほどの超初心者だったようで、
それがあれよあれよと言う間に強くなっていった、
ということですが、素質もあると思われますけど、好きな物事を毎日頑張って努力して、
その結果強くなったというのが、藤井四段の場合も当てはまるのでしょう。

あこがれ
最近の傾向として若い世代の人たちの活躍のニュースを見聞きする機会が多いですね。

そうした報道に対して「あこがれ」の気持ちが高まり、自分も将来あの人のようになりたい、といった願いが強まるようですが、

それにとどまらず、当の本人よりも親の方々が異様に盛り上がっている姿が目立ちます。

これも英才教育の一環でしょうか。

どれほどの若者が将来の「プロ棋士」として成長するかが楽しみです。

まとめ:
今のところの将来ブームはこれからも続いていきそうですが、将来が楽しみです。

第2、第3の藤井四段のような若者が誕生すれば
将棋界は益々面白くなりそうです。

どれだけの若者が親の期待にこたえられるのか?

いずれにしても、親も子ども自身もお互いに
喜べる将来になって欲しいですね。