あしたの気分は晴れ!

世の中で話題になっていることや人気がある情報を掲載しています。

可愛いペットに癒されます。老後に手放すのは心苦しい!



「スポンサードリンク」

ペットと人間
古い時代からペットは人間と関わり合いを持っているようですね。ペットがこの世に居なかったら、と考えたら・・・つまらないですよね。

それくらい人間とペットとは切っても切れない仲です。

特に男性よりも女性の方がペットを飼っている人が多いようです。街中でよく見かけますよね。

ホルモンが関係しているのです。心が癒されるホルモンで、「オキシトシン」です。

愛情ホルモンとも言われていて、ストレスを緩和してくれるのです。

現代人には必要なものです。
これをペットがそばにいてくれることで可能にしてくれる訳ですから、ペット様さまです。

老後とペット
ペットを飼っている老人の方は多くおられます。
ペットの癒し効果を考えればおのずとそうなるのでしょうか。

一人暮らしの老人が多くなり、家族がいても相手にされず、一人ぼっち!そんな時に求められるのがペット君です。

老人がペットを優しくなでている姿や、ペットの目をじっと見つめている状況は多々あります。ほんとに癒されるんですね。

ペットの果たす役割はほんとに大きいです。

しかし、そんな存在感が大きいペットですが、飼い主の高齢化に伴う問題も発生しています。

ペットを手放す
少し若い時にミーを飼いだして家族の一員として可愛がって来ました。

でもこのところ、足腰が悪くなって見もかすんできて・・・自分が他人に世話されるようになってくるとミーの面倒を見ることが難しくなってきます。

可愛いミーですが、自分に代わって誰かが面倒を見てほしい・・・と思っています。

ずっと一緒に暮らしていたいのですが、それもかないません。残念です!

涙を飲んで”手放す”ことにしました。

まとめ:
できるならミーを手放したくはありません。
愛するミーです。
仕方が有りません。
切ない別れです!

願うのはミーが優しく世話され、幸せな生活を送り、静かに最期を迎えてもらいたいです。

できれば、ずっとずっと一緒にミーと暮らしたかった。

あなたに癒された日々を懐かしく思い出します。

ミーちゃん、さようなら。