あしたの気分は晴れ!

世の中で話題になっていることや人気がある情報を掲載しています。

2017年、自由研究を小学1年生が楽しくやり遂げるために



「スポンサードリンク」

我が子が小学生になって初めての夏です。楽しい夏休み。
小学1年生としての「自由研究」も待っています。

そしてお子さんが自由研究に楽しく取り組んでいる姿を見るのは親にっとって微笑ましいことです。

なにができるのやら、ハラハラしながらですが、

ところが、この自由研究でつまづく子どもたちもいます。

親としてなにか助けてあげられるでしょうか。

そんな時に役立つ便利なサイトが有ります。
「ベネッセ教育情報サイト」です。→

自由研究、励まし方。夏休みの宿題、自由研究をどうしたらよいか苦戦している小学生・中学生のお子さまをお持ちの保護者様、これで解決!



夏休みの自由研究の悩みを簡単に解決してくれる、というものです。

例えば一番悩む所のテーマ選びなどが簡単にたった4つの質問に答えて行くだけで決められるのです。

自由研究テーマ選び:
テーマが4つの質問で決められる
質問1:年齢別 1年生~中3
質問2:好きな系統を選ぶ 理科系か社会系
質問3:インドア派かアウトドア派を選ぶ
質問4:自由研究にかけられそうな日数を選ぶ

例:
■小学1年生の場合:
・理科系→アウトドア派→1日でできることは、
おすすめのテーマの1例:
(割れないシャボン玉を作ろう!)

などが有ります。
また1週間くらいの期間をかけられるなら、
もっと内容のこいものをテーマに選べます。
例えば、

・理科系→インドア派→1週間でできることは、
おすすめのテーマの1例:
(お店で売っている魚を図かんで調べよう!)

(花がねむるかどうか、しらべよう!)
などがあります。

実際にやってみると分かりますが、ほんとに簡単にやってみたいテーマが決まるので楽しくなります。

こんなに沢山のできることが有るとは驚きです。

これで自由研究に悩むことが無くなります。

励まし方:
多くの親の方たちは何らかの形で子どもたちのサポートをしている。
かわいい我が子がSOSを出してきたら無視できないのが親です。

ふさわしい励まし方をすることは、子どもの成長に関係してくることですから、
励まし方のコツを知っていることは大切です。

まとめ
お子さんが初めての自由研究をやってみて、
ほんとに楽しいものだということを、感できると、
親として嬉しいですね。

1年生として、できることは沢山あります。

そして最後までお子さんが自由研究に取り組み、
途中で止めてしまわないように、

親としてサポートできるところはしてあげることができれば、

双方にとって良い夏休みとなります。